さすがテコンドー、そこにシビれる!あこがれるゥ!

6月の昇段審査にむけて!

明日から6月です

ということは、

いよいよ昇段審査が近いです!

 

うちの道場からも1名、

少年部が受審します

ということで、

今日は昇段審査にむけた練習が中心です!



小さいときから見てきてますが

だいぶ良くなってきました!

まあ、まだまだなところもありますけどね(^^;

そこは良いところも見てあげないと

子供もやる気をなくしてしまいますので、

ボクはほめて伸ばします(笑)

ははは

 

昇段審査まで、あと17日!

がんばれ

IMG_6342.jpg
関連記事

衝撃のかかと落としダイエット!

なんか、ちまたでは

「かかと落としダイエット」

なるものが流行ってるもようです・・



ボク「へー、すごいの流行ってるなー、どれどれ・・」

と、ボクはこうゆうのを想像しながらネットで調べてみましたが・・



出てきたのはこちら↓↓



は?



まじで?

しかも本出てる



こんなんで痩せるかい(`Д´)

※やせる人はいるのかもしれません

うーん、まぎらわしいネーミングですね

 

たしかにかかと落としてるけど、

この、限りないこれじゃない感・・

いらっとしました(笑)

ははは

8d7c04c6-28ea-46ba-851a-99840fa9cb49.jpg
関連記事

吉祥寺 トラの巻

つづきまして、

吉祥寺トラヨプチャチルギ部です!

目標は肩越しに見る!



 

肩越しに見る!



 

ちょっと回りすぎ!





下みちゃいかんです!

 

指ひらきすぎ(笑)

※べつにいーんですけどね



 

 

下みすぎ!



 

つづいてカウンターのトラヨプチャチルギ

お、目線修正してきた!



 

近すぎ



 

良い距離感です



 

うん、良いです!



 

ちょっと狙いが低いです



 

なかなか良いです



 

からの攻防



攻防はヨプチャチルギを中心に練習しました!

やはり、しかけるのはヨプチャチルギからが基本ですね

IMG_6327.jpg
関連記事

吉祥寺 トルリョチャギの巻

先日の烏山でやったトルリョチャギ軸足比較画像

今回は吉祥寺でもやります!



軸足、もうひとひねり!



おお、さすが嫁!

100点の軸足です

そこにシビれる!あこがれる!

 

この軸足をふまえて、

360度トルリョチャギを比較します!



360度になると、

回転が大きい分、

通常のトルリョチャギより腰の返し、軸足の返しが

甘くなりますね



キレイな回転です



が、回転不足ですね



腰が入らずつま先が上むいちゃうんですね



これ、よくあるケースです(--;



つま先が上むいてしまいます



手もひっぱりすぎですねー

 

つま先が・・



つーまーさーきーがー!!!



みんな一見蹴れてるのですが、

これは回転不足の360度です

もっと回転を速くしましょう!

 

お次は・・



お、さすが柔らかい!

良い腰のひねりです

が、やはり右手を引きすぎて回転をとめてしまってます

無意識でバランスとるように手を引くんですよね

 

今度は修正してきましたね!



さすが黒帯です♪

 

ボクはどうでしょう・・



手は自然ですね

腰と軸足はもうひとひねりほしかったです



 

それをふまえてもう一度



ひとつ前の蹴りにくらべて、

空中の時点ですでに腰の入り方が違いますね



手はちょっと引きすぎてしまいましたが、

腰の返しはばっちりです!

360度でも、このくらい腰いれたいですね

そーすると蹴り上げにならず、

目標にまっすぐ蹴りがあたります!

= 威力が出る

ってことですね♪

 

で、着地!



うん、着地もそれほど流れてないですね(笑)

参考になれば幸いです

IMG_6317.jpg
関連記事

基本蹴りたくさん、攻防たくさん、トゥルちょっと

昨日の烏山にて、

まず基本蹴り、

イスつかって鏡みながらフォームチェック!









やっとこのくらいはできるようになりました♪

 

つづいてミット蹴り

※これはボクはまだやりません



ネリョチャギ



パンデトルリョチャギ



脇が開いてしまうのは、

力みですねー

 

つづいて攻防、

今日のお題はパンデトルリョチャギから!



足ついて同じ足ですぐミドル!



これ良い動きですよね!

イメージは船水師範のような動きです

え、全然ちがうって?

ははは

船水師範の動きにインスパイされて、

ボクなりに考えてみた練習です(笑)

 

パンデトルリョチャギをおとりにしてからの・・



中段パンチ!

いいね

イイネ!

 

ボクの場合

パンデトルリョチャギフェイントからの・・



足ついて



中段!?



と見せかけて



ヒザをたたみながらくいっと返して、



※中段を両手でおさえに行くのはキケンですよ

ハイキック!



相手反応できてません

これ、絶対良い攻撃だと思います!

※実験させてもらってごめんねm(__)m

 

パンデフェイントからの攻防は絶対使えると思います!

太鼓判おします

 

その後は定番のトラカウンター!



両手で一点を抑えにいくのは危ないです!

※反対の手は上段をフォローしましょう

 

トルリョチャギがきたら



ちょい下がりながらトラ!

※これ基本



距離が重要です!



下がってから蹴ってしまうと、



ちょっと蹴りの出が遅れますね



もったいない!

※その後アドバイスしたら下がりながら蹴れてました

 

あ、写真はないですがトゥルもやりました!

課題すすめましたよ

最後はマッソギですけどね

IMG_6281_20180527204759acf.jpg
関連記事

休日のギター道楽

久々、テコンドーまったく関係なしの

ボクのギター道楽話です

はい、すみません

テコンドー修練生にはなんにもためにならない話なので

読み飛ばしてくださいm(__)m

・・気がのれば夜テコンドーネタも書きます

ははは

※気楽に、好きな事書くのがブログ続く秘訣です!

 

 

さて、お気に入りのギターであるこの1本

IMG_3103.jpg

なんと花柄です(笑)

こいつはたしか20歳くらいの頃に買ったやつなんですが、

あんまり音が良いわけでも、弾きやすいわけでもなく、

なんども処分(売却)しようかと思ったのですが

手放せなくて今にいたります(笑)

正直、いじりすぎてて売れないんですよね

ボディとブリッジ以外は、

購入時と違うものがついてます

人気のあるモデルなので、

状態がよければ結構高額で売れそうなんですけどね(笑)

 

いつもならお気に入りの白いギターを弾いてるのですが、

あれは弾きすぎてフレットがやばくなってきました(--;

※こいつもすごいボロボロです(笑)

さらに怖いことに、ブリッジのスタッド周辺にうすくヒビが・・

これはやばい!

こいつも15年くらい前に購入したものですが、

前の持ち主がアホな人だったようで、

スタッド近くの細いところにねじ打ち込んでたので、

ヒビが入ってしまったんです!

これは結構致命的だなあ・・

自分でメンテできる範囲を超えてるので

さすがにリペアださないとかな・・

ってことで

当面はこの花柄ギターの配線を直して使おう!

って思いました

ネックだけは新しいのでフレットもまだまだ残ってるんですよね

多分1988年か1989年頃に製造されたモデルなのですが、

当時、中古で買ったときネックは変なのくっついてるし、

ピックアップとかもてきとーなのついてて、

ほんとボロボロでしたが、

内弟子に行ってた頃

数年間友人の手に渡っていましたが、

ボクがわがまま言って返却してもらい、

こつこつとパーツ変えたりしながら今にいたりますが・・

やっぱり今でもボロです(笑)

でも愛着あるんですよね♪

 

このネックはebayでアメリカから買いました



ヘッドが無加工だったので、のこぎりとヤスリで成形して、

四苦八苦しながら取り付けたのですが

調整にも苦労しました(^^;

素人ですからね、工具もそろってないし

 

ちなみに、製品としての販売時は本当はこんな姿なのですが、



どうしても同じネックが手に入らなかったので、

似たタイプのネックを探してとりつけました



割と雰囲気は出てるのですが、

葉っぱのインレイ(Tree of Lifeっていいます)が白くなっちゃったので

ちょっと地味な色合いになりましたが、

実はこのネック



蓄光の素材なので、

暗いところで光ります(笑)

ちょっとおもしろいです

※サウンド的なメリットはありません

そして今回ピックアップと、ボリュームポット、コンデンサ、セレクターとか交換して、



※写真は交換前です

生まれ変わりました!

音はどうかと言うと・・

前より良くなった気がします(笑)

自宅でヘッドフォンではあまり良くわかりませんが、

ボリュームのガリもなくなったし、

コンデンサ変えたんで、ボリュームしぼったときの

ハイ落ちもなくなって、良い感じです♪

これで白いのリペアするまでしばらく使ってみようと思います!

ホントはトーンとかアッセンブリーすべて交換したかったのですが、

今回はそこまではできなかったので、

そのうち自前じゃなくて、リペアにだして

オーバーホールしたいと思います!

素人のボクの調整じゃ限界ありますからね(^^;

ははは

 

IMG_6266.jpg
関連記事

少ないからこそじっくりと!

人が多いとにぎやかです

子どもたちもテンションあがって楽しそうです

でも少ない日もあります

今日は運動会と言う子が何人かいて、

お休みが多かったです

が、それでも来る子は来ます

※来た二人も運動会だったそうです(笑)

そして

少ないときこそ

掘り下げて練習をしていきます!



鏡みながらフォームチェックです!



ぐっと良くなってきました!



今日の練習は、ランニング10分、攻防20分、

トゥル30分でした

うん、文字にするとシンプルですが、

内容は濃かったです

 

明日は成年部の練習模様を書きます

IMG_6234.jpg
関連記事

ミット蹴りをしてるとひらめくんです!

千歳船橋にて

チュチェトゥル!



2人ともなかなか(^^)

※ボクもやりたいなあ・・

 

その後、ボクは腰がまだだめなので

マッソギはできないのでミット蹴りをしました

ミット蹴りと言っても単純な蹴りの練習ではなく、

ミットを使ってマッソギで使える動きの練習です!

 

トルリョチャギがきたら、内側によけて



コロチャギをあわせ、



ダメ押しのトラ!



良いコンビネーションです!

 

ボク「まずはヨプチャチルギやろう!」

って感じで蹴ってると、

いろいろ動きのアイデアがひらめくんです

そこで、こうゆうのどう?

こうゆう反撃どう?

なんて言いながら展開していきます

もちろん

みんな「それは無理です(^^;」

ってときもありますが(笑)

こーゆう練習は楽しいんです!

IMG_6224_201805252326314a5.jpg
関連記事

第22回東京都大会の感想 ※苦言

第22回東京都大会で感じたこと、

おもに有段男子のマッソギを見ての感想ですが、

距離が近いなあって思いました

中には距離感をうまく保って上手に戦う人や、

相手をよく見て動く選手もいましたが、

基本的に距離が近く、

自分からつっこんでってつまる

相手がつっこんで来たら、足がとまっててつまる

お互いにパンチパンチパンチ、→ 注意とられる

無理に蹴って足や背中にあたる → 注意とられる

近距離で無理にトラとか回って背中とられる → 注意とられる

まったく、なんだこりゃ



以前、師匠に

「自信がないから、怖いからつっこむんだ」

と言われました

ボクもそうゆうところあるのですが、

※なんどもそう教えていただいたのですが、うまくできなくて(^^;

中途半端な距離だと蹴りにくいし、

いざ来たときに反応できなかったり

結局、絶妙な距離っていうことは、

相手の攻撃も届くってことなんで

怖いんですよね

だから先手をとって距離つぶして突っ込むんですが、

相手がそれで下がれば良いですよね、蹴れますから

でも相手が下がらなかった場合は、近距離で押し合い、

パンチ打ち合い

最近そんなの多くないですか?

それがテコンドー?

って言われるとみんなが「いいえ」と答えると思います

でも多くの人がそんな感じですよね(笑)



少年部で、

気が強くて、そんな感じで勝つ子も多々いるのですが、

なんだかなあ・・

って思ってしまいます

でもそれで勝てちゃうから、変わらないんですよね

って思ってたら、どうやら大人も同じでした(笑)

だから少年部もそーなったのか

今回やっと気づきました



なので、

その当たりそうな当たらなそうな絶妙な距離で、

来たらズバッと反応できるように!

下がったら追えるように、

そして相手がミスするようにプレッシャーをかけつづけれるように!

そんなマッソギができるようになりたいものです

その怖い、やりにくい距離を克服できた人が

ほんとにうまい、

ほんとうに強い

と言えるのではないでしょうか!





あとは目がついていってないのか、

攻撃されると目をそむけてしまう選手がちょいちょいみられます

この「目」というのは天性なところもあるのですが、

ボクも意表つかれたり、集中できてないときに目がついていかず、

顔をそむけてしまうことはありますが、

それでもそれほど厳しい攻めでもないのに、

後ろ向いてしまったり、

下むいてしまったり、

それは練習不足ではないでしょうか?

もしくは練習の方法が間違ってるのではないでしょうか?



そして自信をもってる選手も、相手に対して距離をつぶして

有利にもってく事はできても、

相手を自分の距離に引き込んで戦う選手は

今回見うけられませんでした

勝つ人はつっこむ人

圧力でまさる人

がほとんどでした



しかし全日本のトップ選手や、

海外の世界大会で勝つ選手ってそーでしょうか?

たしかに勢いが売りの選手もいますが

ボクは違うと思います

そうなんです、ここです大事なところ、

スピードやパワーは、みんなトップ選手とそれほど変わらなくても

相手をうまく引き込んであわせたり、

チャンスをものにする決定力がないんです!

そうゆう練習をしてないんだと思います



だから力押しで、つっこむ

いつものパターンで戦う

で、それが通用しないと負ける・・

引き出しが少ないんですね、きっと

体鍛えて、筋肉つけて、

打ち負けない身体つくって下がらなければいいんですか?

でもそれでは技術を練習する意味がありません!

こうきたらこう返す、

あーきたら、こうやって返す

と言った、相手の動きやタイプに対して変えていくような

対応力?

それを身に着けないといけないなあと思います



テコンドーの組手は力勝負だけではなく、

技術の競い合いが醍醐味だと思います!

体格やリーチで負けていても、

カウンターやスピードでポイントを取って勝つ!

そうゆう事ができる競技だと思うので、

一番良いところが出てませんよね



今回の試合は全日本のトップクラスの選手は

あまり出ていなかったのですが、

みんなのマッソギがあまりパッとしないので、

ちょっとひどい言い方しますが、

そんな事だから全日本で上にいけないんだよ

って思いました

現状維持で同じレベルの人に勝って満足していてても

伸びません

上のレベルの人たちに勝てません

イコール、全日本で上位入賞はできません

なので、自分のマッソギを、

今一度見返してみた方がよいと思います



あと、ガード下手ですね

もっとガード上がるように練習した方が良いです

自分のことは棚にあげてえらそうな事書きましたが、

自分にも当てはまるところが多々あるので、

言うだけの人ではなく、説得力を持てるように、

ボクもがんばって練習しますm(__)m
関連記事

軸足を返そう!

軸足が返ってない!



やりなおし!

 

軸足が返ってない!!



やりなおし!

 

軸足の返しが甘い!



やりなおし!

 

蹴りが違う!!!



やりなおし!

 

お、なかなか良いけど、

軸足の返しが甘い!



かかともういてるんで

やりなおし!

 

 

軸足かえせー!!!



やりなおし!

 

お、もう一息!



やりなおし!

 

おお、良い蹴り!?

だが軸足は返ってない・・



やりなおし!

 

軸足をもっとかえせー!!!



やりなおし!

 

軸足OK!

でも手が開いてる!!!



やりなおし!

 

手が・・手がーーー!!!



※軸足も

やりなおし!

 

おお、いいねーいいねー



でも軸足だめ

やりなおし!

 

うん、良いんだけど・・

軸足はだめ



やりなおし!

 

安定したフォームです!



でも軸足が中途半端!

やりなおし!

 

うーん、みんな、だめ!

もっと意識して練習しましょう

 

ちなみに、

中段のトルリョチャギって

軸足を返さずに蹴る人多いです

中段だと返さなくても

それなりに蹴れちゃうんですよね

理解してやってればいーですよ

無意識でこーなっちゃう人はだめです

中段こそ軸足しっかり返す意識して練習しましょう!

※ボクは返して蹴るときと返さないで蹴るときを意識して使い分けます

IMG_6210.jpg
関連記事
カウンター
Copyright © さすがテコンドー、そこにシビれる!あこがれるゥ! All Rights Reserved.